ホーム » 施工までの流れ

施工までの流れ

step1


見積依頼
配置図・三斜求積図等の資料をご用意いただき
ます。


step2


現地調査
現地調査を行い、既存物・高低差隣地の状況(窓・玄関位置) 等を確認します。
ClipboardImage


step3


初回打ち合わせ
お客様の要望(予算・イメージ等)をお聞き
します。
ClipboardImage


step4


図面・見積り作成
設計士がCADにて図面を作成します。
合わせて、見積りを作成します。
ClipboardImage


step5


打合せ
平面・立面・カラーパースを元に打合せを
行います。
ClipboardImage


step6


契約
プラン・金額が決まりましたら、
契約になります。
ClipboardImage


step7


工事
当社自慢の熟練した職人さんが施工します。
ClipboardImage


step8


お客様との完成立会
完成後、現場にて最終チェックをします。
ClipboardImage


step9


御入金
工事完成後1週間以内に御入金を
お願いしています。

  


完工までの流れサンプル

着工前
ClipboardImage
【施工前全景】
ClipboardImage
【フェンス取り付け前】
ClipboardImage
【フェンス取り付け前】
施主様の希望「は、目隠しと癒しを感じる植栽でした。
家の周りが歩道に面しているのでフェンスで囲います。


↓↓↓

フェンス設置完了
ClipboardImage
【フェンス施工完了】
最初に空間の雰囲気をつかむ為、敷地周りに縦格子のプログコートフェンスを施工。
斜めからの視線をカットしつつも採光もとれるフェンスです。


↓↓↓

物置設置完了
ClipboardImage
【物置庭側】
ClipboardImage
【物置道路側】
次に建物に似合う木製物置を施工。庭への目隠しも兼ねています。


↓↓↓

植栽中 植栽植え
ClipboardImage
【植栽中 
ClipboardImage
【植栽中◆
ClipboardImage
【植栽植え】
植栽は高木・中木・低木の順序で植えます。
高木はバランスが重要なので一度仮置きしてから植えます。


↓↓↓

ロックガーデン施工
ClipboardImage
【ロックガーデン 
ClipboardImage
【ロックガーデン◆
ClipboardImage
【ロックガーデン】
ロックガーデンも植栽と同じように大きいものを仮置きしてから設置します。
現場によっては石組みしてから植栽ということもありますが、今日は高木のバランスを最重視したのでこの順序にしました。


↓↓↓

低木仮置き
ClipboardImage
【低木仮置き 
ClipboardImage
【低木仮置き◆
今度は石組みに合わせて低木、草花を配置します。
多年草を一年草の比率、成長の早さ、葉の色、育ち易い環境などを考慮します。


↓↓↓

アプローチ舗装前段階&芝貼り
ClipboardImage
【アプローチ舗装前】
ClipboardImage
【芝貼り】
植栽工が終わると舗装工事、芝貼り工事となります。
歩く所は先に施工すると汚れてしまう為、基本的に最後に行います。


↓↓↓

アプローチ舗装完了&低木完了&作庭完了
ClipboardImage
【アプローチ舗装完了】
ClipboardImage
【低木完了】
ClipboardImage
【庭完了】
最終仕上げとして、砂利、ウッドチップを敷いたり、山野草、タマリュウを植えて完成となります。


↓↓↓

完成全景
ClipboardImage
完了後前景です。
高木は枝が伸びても隣の木と当たらないよう適度に離して植えるといつまでも良い樹形が保てます。