ホーム »スタッフブログ » 服部 » 秋旅のすゝめ

秋旅のすゝめ

17-10-23-23-09-23-501_deco
(榛名湖にて)


秋旅は『竹久夢二』さんゆかりの地、伊香保へ。

夢二さん、絵画に挿絵、詩に俳句と多岐にわたり活躍された方ですが、個人的には夢二さんのデザイン画が大好きです!


1020yumeji2
1020yumeji3

夢二さんのファンである伊香保に住む12歳の少女が、この地で夢二さんを見かけたと勘違いし、ファンレターを出したところから、伊香保と夢二さんの不思議な結びつきが始まります。


↓そのファンレターに対する、夢二さんのお返事がこちら↓

愛らしいお手紙、嬉しく嬉しく拝見しました。
イカホとやらでお逢ひになったのは私でありません。

それが私であったろうならと心惜しく思はれます。

お逢いする日があったらその日を楽しみませう。

さらば春の花の世をすごさせたまえ
。』


なんと、粋で優しさと温かみに溢れたお手紙なのでしょう!
12歳の少女の心の高鳴りは、いかほどのものだったか。。
25歳(自称)の私の心も夢二さんへ持っていかれました。



思い起こせば先週の出来事。
沖縄出張中だった、ボックスウッドきっての文豪、石様からの旅便り(旅LINE?)。
『このロケーションなら、どんな女優でも口説ける!』とのコメントと、添えられた一枚の海の絶景写真。。。
いやいやいや文豪さんよ、他力本願かい!?男なら筆一本で勝負せーーーい!と、この場を借りて言っておきませう。






『竹久夢二伊香保記念館』



IMG_5206


IMG_5187


IMG_5181


P1016790
IMG_5179
IMG_5224
IMG_5193



秋旅は芸術ゆかりの地をおすゝめ致します。


EXTERIOR&GARDEN
ボックスウッド はっとり

« 前の【服部】を見る  |  次の【服部】を見る »