ホーム »webmaster専用 » 植木 » 感動ライブ

感動ライブ

s-KIMG0015
いきなりマッチョな映像ですが・・・
鼓童(KODO)ライブに行ってきました。
佐渡で誕生し、世界中もぐるぐるライブ
している太鼓集団です。

何度かライブ体験はしていましたが、
今回はおよそ15年ぶりに体感。
2000年から坂東玉三郎さんが芸術監督に
就任したことで、その後、どんなステージに
なっているのか楽しみでした。

正直、以前の雰囲気が無かったら・・・
と期待半分でしたが、
その日も翌日も次の日も余韻が残る感動。
変革というのはこのことか!
  
   私が観ていたのは、まさに20世紀だったんだな〜と思えるほど
   すべてが発展?進化?ネオ化?パワーアップしていました。
   過去を破るとはこういうことを言うんだと、引くほどびっくりしました。
   どんだけの練習、気持ちの入替え、メンタル維持、ど、ど、ど、どんだけ〜?
   
   今回のテーマ"混沌"というものでしたが、
   あのブルーハーツの元ドラマー梶原徹也さんがドラム監修ということで、
   どんなことになっちゃうんだろう?!と、想像すら出来ませんでした。
   本物は、梶原ワールドがすっかりKODOに乗り移っていて、衝撃ステージとなりました。

   どんな感じという表現も、難しいのですが、とにかく響きます。
   始めて屋外ライブに行った時、何人もがトランス状態で踊りだしたのは忘れられません。
   そして演者の姿にも感動、受けたこの喜びを返したいと思ってしまうほど程、
   (私がリズム系が好きなだけなんでしょうが)
   ナミダ、カンド〜、じっとしていられない、心打ち抜かれました。
   鼓童の由来は、心臓の鼓動と、童(子ども)のように無心になって・・・
   というようなところからと記憶してます(かなり曖昧だけど)まさに裏切らない。
   夏には設立35周年記念公演があるので、それもどんなステージだか・・・




  先日、道端で身長3cmほどのビオラに逢いました。
  この暑いのに、もう終わりだろう季節に、
  パッチリ咲いてました。
  思わずしゃがんで一枚。
  なんて、けな気なんだ〜!!!
  頑張れ〜!!!

  暑い日が始まってしまいました。
  お庭の水遣り時間、蒸れないよう涼しい時間に
  あげましょう。

         螢椒奪スウッド 植木

  
   
SH3H1427