ホーム »スタッフブログ » 植木 » 樹齢1600年!!!

樹齢1600年!!!

s-20160702_161446026_
 先日、とってもラッキーな機会を頂き、
 日本樹木医会の研修会に参加しました。

 自宅から自転車でも5分程?の場所にある、
 高源寺というお寺の境内に、県の天然記念物
 に指定されているケヤキがあります。

 なんと〜 樹齢約1600年!
 聖徳太子とかの名前が出ちゃう頃の誕生。

 今から370年前に、本堂が火災に遭った際、
 荷物をケヤキの付近に持ち出したことから
 火がついて、空洞が出来てしまったと
 伝えられています。
 
  

  こちらは12月に参加した際の様子です。
  これは樹高測定中。
  約16m、幹周りは10mの巨木です。
  超音波樹高測定器だと、高木でも10cm
  単位で計れるとか。
  しかし、お値段7〜8万円だとか!

  火事で出来てしまった空洞には
  地蔵様が安置されていて、
  一角にも大きな穴が開いています。
  今は保護のために立ち入り禁止ですが、
  この穴を通り過ぎれば安産間違いなしと
  多くの方が訪れたそうです。 
   (研修会資料より)
  
20151218_011
s-20160702_162244029_
  近年、このケヤキの葉の異常が確認されるようになり、
  その原因判定を調査を続けています。
  今回その原因のひとつが、判明。
  ヤノナミガタチビタマムシという昆虫が、葉の内部で
  育っていることが分かりました。
  こんな枯葉がケヤキの上部以外に見られます。

  今回は、調査の測定器を実際に触って使う機会となりました。
  基盤診断や、土の浸水検査、土壌硬度、根系調査など。
  個人的には、道具としてのエアースコップが快感でした(笑)
  ケ○ヒャ〜のエアー版?、細かい根は切れるほどの勢いで、こちらが飛ばされそうに。


20160702_151615013_
土壌硬度
s-20160702_143944008_
浸水試験
20160702_150029010_
土壌貫入試験

  自然は、とにかく環境の影響を受けるもので、目に見えるところからの判断だけでは
  本当の処方箋の出せないことが、よくよく分かる研修でした。
  12月に始参加させていただいた時は、まるでスターウォーズのジェダイ・マスターの会議の
  ようで(例えが映画ですいません)あらゆる視線からはもちろん、経験値からのお話、
  その量にも、とにかく関心するばかり、その日は興奮しっぱなしでした。
  今回も見逃さないその視線に、ただただ感動でした。
  そして参加させていただき、本当に感謝です!
  将来、私もそちら側になりたい。と改めて思いながら帰りました。
  勉強します。・・・感度上げたいです。

                                螢椒奪スウッド 植木
  
  
  



« 前の【植木】を見る  |  次の【植木】を見る »