リゾート感溢れる上質な癒し空間を楽しみませんか?

  • ホーム
  • TIPS
  • 掘ヌ椡しのお話。
  • 掘ヌ椡しのお話。

    この記事についているタグ:リゾート風外構庭生活目隠し6つの要素

    リゾート外構を演出するために。

    リゾート風の癒し空間に欠かせないものが≪目隠し≫です。

    道行く人や隣地からの視線を遮り、安心のプライベート空間をもたらします。

    そんな目隠し、実はフェンスだけではなく、いろいろなタイプがあります。


    ― 目隠しの種類 ―

     ■天然木 ■人工木/木樹脂 ■アルミ材 ■壁面 ■植栽


    それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので、紹介していきます。

    天然木

    木というと雨ざらしで腐るイメージがあるかと思いますが、実はエクステリアでもよく使われているんです。

    ボックスウッドでは、桟橋などに使用されるハードウッドと呼ばれる頑丈な木材を使用します。

    ●天然木を現場加工して施工するため、自由度が高い。

    ●木のぬくもりを感じられる。

    ●ウッドデッキも同じ素材で作れるので、統一感が出る。

    △天然木のため、ささくれができる。

    そして天然素材が故に経年変化が起こります。最初は濃い色が時と共にグレーがかっていきます。

    それを味と捉えメリットとするか、デメリットと感じるかは人によるところです。


    天然木1
    必要な高さにだけ目隠し

    天然木2
    ウッドデッキとパーゴラまで同じ素材で




    人工木

    樹脂を使用し、木の風合いを再現した素材です。

    ●色展開がされている商品が多く、好みの色を選べる。

    ●経年変化が少ないので、メンテナンスフリーで施工時の状態を長く楽しめる。

    △樹脂素材のため、熱によるたわみが出る。




    エコモックフェンス
    爽やかな白

    アルファウッド
    縦貼りも




    アルミ材
     
    軽く耐久性に優れ、各メーカーさんから多数商品化されているメジャーなものです。

    ●金属ならではの高い耐久性と安定感

    ●バリエーション豊富(スクリーンタイプや採光タイプ・木目シートを貼ったものなど多種多様)

    ●スタイリッシュな見た目

    △シンプルなもの以外は高額


    スクリーンタイプ
    縦格子と採光パネルの組み合わせ

    LIXIL
    アルミフェンス


     


    壁面

    ブロック積みをベースにしたものや、パネルなどを使用したデザインウォールになります。

    ●自由度が高く、デザイン性が高い。

    ●機能性をプラスできる。(照明や立水栓など設置可能)

    △デザイン性や機能性を高めていくと高額になる。


    塗り壁+透かし
    塗り壁+透かしブロック
    石壁
    ブロック積みに自然石を貼り石積みのように



      


    植栽

    ●圧迫感がなく柔らかな印象を与えられる

    ●比較的安価

    ●癒し効果

    △伸びた時の手入れや落ち葉のお掃除が必要

    △虫が苦手な方にはおすすめできない。




    このように、目隠しにもいろいろな種類があります。

    快適にお庭に出られるように、設置条件やお好みに合わせて提案させていただきます。

    人目を気にせずお庭を楽しんでいただくのはもちろん、

    たまにはカーテンを開けて、外の自然を感じながら過ごしていただけたらと思います。


    壁+ポール
    IMG_9861
    この記事についているタグ:リゾート風外構庭生活目隠し6つの要素